中小企業経営者様のIT経営相談室

中小企業経営者様に役立つITや経営に関わる情報を発信していきます

令和2年度中小企業の情報セキュリティマネジメント指導業務が開始されました。無料で400社まで!

令和2年度中小企業の情報セキュリティマネジメント指導業務が2020年10月より開始されました。 「情報セキュリティマネジメント指導業務」とは、セキュリティの専門家が中小企業を訪問し、セキュリティリスクの診断、情報セキュリティマネジメントに必要な基…

SNSで近づいて情報漏洩に発展

SNSで知り合った相手から、副業やFXの案内などを受け取る方も多いかと思います。 もちろん新たなビジネスチャンスになる可能性もありますが、このように近づいてくる相手は会ったこともないあなたに儲けさせてやろうと思ってではなく、当然自分の利益のため…

AIといってもいろいろありますね・・・・

あるメガネ屋さんのイベントに行った時のことです。 ”AIが自分に合ったメガネを選んでくれます”、というキャッチコピーが目に入り、そのブースに足を運んでみました。 店員さんからたくさんの(メガネと関係ない)画像を見せられ、その中から自分の好みの画…

アラフィフでもチャレンジは遅くない!

54歳で会社を退職しました。 そして54歳で初めてYoutubeチャンネルを開設して、英語の動画にもチャレンジしてみました! チャレンジすることに年齢は関係ない! 今は中小企業診断士&IT技術者として独立して活動しています。 アラフィフだって決して遅くない…

詐欺メール ”You are Hacked”

【セキュリティ情報】詐欺メールを全文公開します。このメールをもらっても無視してください! 楽しい時間を過ごしてください。 私はあなたのデバイスの0Cをハッキングしたプログラマーです。 2ヶ月以上も監視されていたんですね。訪問した「大人」のための…

AI(ニューラルネットワーク)を構成する活性化関数とは?

ニューラルネットワークでは、入力値を入力層→隠れ層→出力層へと伝達するしくみであることは、前回お話しました。 前回の投稿記事はこちらです→「AIを構成するニューラルネットワークとは?」 活性化関数は、このニューラルネットワークで重要な役割を果たし…

サプライチェーン攻撃で中小企業は切られる可能性あり

トヨタ自動車の取引先である金型設計のTMW社が自社サイトにて「セキュリティインシデントの発生を確認しました」という事実を公表しました。 TMW社のホームページより 詳細は発表されていませんが、同社を攻撃したハッカーが、盗んだ機密情報の5%を暴露する…

パソコンがウィルスに感染!まず何をしたらよいか?

自分のパソコンがコンピュータウィルスに感染したら、まず何をすべきだと思いますか? 以下の3つから選んでみてください。 すぐにパソコンの電源を切る パソコンを再起動する ネットワークのケーブルを外す 正解は3の”ネットワークのケーブルを外す”です。…

自社にある資源で活用できるものがないか今一度考えてみる

日経「私の履歴書」では、今月(2020年9月)アートコーポレーションの寺田千代乃名誉会長の起業時のお話を興味深く、楽しく読まさせていただいています。 アート引越センターの創業時、引越を専門にしている会社はなく、運送会社が片手間にやっている程度だ…

二つのグループを比較、差は本当にあるか?(実例で見る)

過去2回の記事では、統計的仮説検定の考え方とExcelで行うt検定について紹介してきました。 統計的仮説検定の考え方に関する記事はこちらをご参照ください。 Excelで行うt検定についてに関する記事はこちらをご参照ください。 今回はこれまでの情報をベース…

二つのグループを比較、差は本当にあるか?(続き t検定)

前回の記事では2つのグループのデータに本当に差があるのかどうかという検証を進めるために、統計的仮説検定に関する考え方を紹介しました。 統計的仮説検定では、”有意である”という表現をよく使います。 この”有意である”というのはどういうことかをまず…

二つのグループを比較、差は本当にあるか?

ビジネスの現場で2つのグループのデータに本当に差があるのかどうかという検証はよくあることだと思います。 例えば、2つの工場の不良率の差から品質管理の優劣さを見る、2つの店舗の売上高の差から営業方法の優劣さを見る、2つのクラスのテストの点数か…

AIを構成するニューラルネットワークとは?

AIを構成するニューラルネットワークとは、ヒトのニュ―ロン(神経細胞)の働きを数学的に抽象化し、人工的にネットワーク化したものと言えます。 ヒトのニュ―ロン(神経細胞)はシナプスと呼ばれる知覚情報の伝達器官を通じて細胞体から次の細胞体へと情報を…

セキュリティを確保する二要素認証とは?

前回の投稿でセキュリティ確保のために二要素認証を導入することをお薦めしました。 では、この二要素認証とは何でしょうか? 文字通り2種類の認証方法を組み合わせて利用者を認証することになります。 通常、何らかのシステムにログインする場合、IDとパス…

テレワークのVPN認証情報はなぜ盗まれたか?

NISC(内閣サイバーセキュリティセンター)の調査によると世界900社超のVPN情報が犯罪サイト上で取引され、そのうち38社は日本の企業だそうです。 米パルスセキュア社のVPNサービスを使用していた企業が不正アクセスを受け、情報流出に至ったようです。 パル…

【Excelで生産性UP(10)】5年で売上を2倍にしたい。では1年では何%アップすればよいか?

5年間で売上を2倍にするという経営計画を立てたとします。 では、この目標を達成するためには毎年1年間では何%の売上アップを目標にしたらよいでしょうか? 毎年の売上アップ率をSとすると 今年度の売上 × S × S × S × S × S = 今年度の売上の2倍 となるS…

経営者が知っておくべきクラウドサービスの知識⑤

クラウドサービスをいよいよ導入することになったら、社内のクラウド管理者を任命します。 クラウド管理者といっても、必ずしもITの専門家でないケースも多いと思います。 そこで、クラウド管理者については最低限以下の3点については、実施するようにします…

経営者が知っておくべきクラウドサービスの知識④

前回の記事では、クラウドサービスのメリットについてお話しました。 もちろんクラウドサービスはいいことばかりではなく、事前に確認・検討しておかなければならない点もあります。 今回は、クラウドサービスをいざ自社に導入する場合に気をつけるべきいく…

経営者が知っておくべきクラウドサービスの知識③

クラウドサービスを導入するメリットを自社でシステムを構築する場合と比較して考えてみたいと思います。 一般的にクラウドサービス導入のメリットとしては、導入までの時間の早さ・コストの削減・運用の容易さが挙げられます。 これを自社システムを構築す…

経営者が知っておくべきクラウドサービスの知識②

前回の投稿記事にて、クラウドサービスの定義や分類についてお話しました。 今回はクラウドサービスがどのようなコンピュータ資源から構成され、その構成によってクラウドサービスがどのような形態で提供されているかについてお話ししたいと思います。 クラ…

経営者が知っておくべきクラウドサービスの知識①

「政府情報システムにおけるクラウドサービスの利用に係る基本方針」は、2018年に政府が公表したクラウドサービスに関する指針です。 この基本方針では、”クラウド・バイ・デフォルト原則”という言葉が使われています。 この”クラウド・バイ・デフォルト原則…

一人親方はもっとSNSで営業ができるはず

日経BP総合研究所イノベーションICTラボが実施した新型コロナ対策テレワーク実態調査(業種別に見たテレワーク利用状況)によると最もテレワーク利用状況の低い業界は建設業であったようです。 建設業はハコモノを扱う以上、ある程度仕方がないところもある…

コロナの経済影響を可視化するV-RESAS

オープンデータの活用として、以前の投稿でRESASの紹介をしましたが、その姉妹サイトのV-RESASを今回はご紹介します。 V-RESASは新型コロナウイルスが、地域経済に与える影響を把握し、地域再活性化施策の検討におけるデータの活用を目的とした見える化を行…

誤った情報に惑わされないためには?

多くのフェイクニュース(偽情報)が出回る中、すぐに情報に飛びつくのではなく、情報の真偽を見極めて行動を起こしたいものです。 ですが、情報の真偽を見極めるのは、かなりの労力が要りますし、調べたけれども結局よく分からなかったという経験をお持ちの…

AIを使いこなすには? 過度な期待は禁物

消費者庁の公表した「消費者のデジタル化への対応に関する検討会AIワーキンググループ報告書 」によると以下のようなAIに関するトラブルが予想されるとのことです。 想定される利活用 想定されるリスク 人の在・不在、居場所に応じたエアコンの運転や温度・…

テレワーク・非対面型サービスを始めるなら、持続化補助金を申請しましょう

コロナ対策のために、以下の取り組みをお考えなら、持続化補助金を申請してみましょう。次回の締め切りは8/7(金)です。 補助対象となる施策は、以下の3つです。補助対象となる経費の6分の1以上が以下いずれかに該当することが条件になります。 ・サプライ…

パワハラ防止法が施行されています

パワハラ防止法が2020年6月1日から大企業を対象に施行されています。 中小企業は2022年4月1日から義務化され、それまでは努力義務の扱いですが、2022年を待つまでもなく、パワハラを防止する対策は必要です。

ハンコはいらない、電子契約はこんなに簡単にスタートできます

コロナ騒動で移動が制限される中、電子契約への注目が集まっています。 ですが、電子契約のハードルが高く感じられ、結局契約書にハンコを押す習慣から抜けきれないのが現状かと思います。 電子契約は契約者本人を証明する電子署名をすることで成立しますが…

ツイッターから情報を盗んだソーシャルエンジニアリング

ツイッターはハッカーにより大統領候補バイデン氏をはじめ、130件のアカウントが攻撃を受け、このうち45件のパスワードがリセットされて詐欺に悪用されたことを発表しました。 ツイッターから機密情報を漏洩させたのは、”ソーシャルエンジニアリング”と呼ば…

BCPにはサイバー攻撃対策のセキュリティも忘れずに!

コロナ騒動の影響で、あらためて自社のBCP(事業継続計画)を見直した中小企業も多かったことと思います。 仕入先の分散、在宅勤務の手順などBCPで検討すべきことも多いと思いますが、サイバー攻撃を受けた際の対応、セキュリティ対策についても是非BCPに含…